fc2ブログ

👺ひねもす流域

昨夜は領家の小天狗🅿泊
目覚めたら午前11時
おいしい日本酒を飲みすぎた。

下社前へ。
門前屋さんに置かせてもらっていた
フネ一式を、いちりんさん宅へ移動。
近いうちにみんなで
舟遊びできるといいな。


それから上流へ。

異次元への入口みたいな
小石間トンネルを抜け
野尻の吊り橋へ。

きのう買った
丈夫な長靴を履き
もう浅くなった気田川を
対岸へと渡る。

少し歩いた所に
松の木の木蔭があって
そこに陣取りしばし休憩。

川で顔を洗ったり
髭を剃ったりして
サッパリする。


午後は文化センターへ。
(大天狗のモニュメントの所)
今日は町の芸能発表会。

SNSで知り合った 
歌手の方の歌声や
春野のフラダンスチームの
演舞を観たりする。

みなさん
なかなかお上手である。
やっぱり生演奏、ライブはいいね。


夜。
ゆずカフェも
木下寿しも
こぶちゃん食堂も臨時休業。

ふじやがやっていたので
餃子とラーメンを食べて帰った


✢  ✢  ✢  ✢  ✢  ✢  ✢  ✢  ✢  ✢  ✢  ✢  











スポンサーサイト



🇨🇭気をつけないとネ

近況

✢左手の痺れが突然きて数分間麻痺。
 これたぶん 

    ⚠脳梗塞の前兆⚠ 

 なので怖くなって
 明日、脳神経外科を受診予約した


✢原因はきっと運動不足と
 高カロリーな食生活と思われる。
 皆様もどうかお気をつけて。
 

✢ぼくの生存が気になる方が
 もしいましたら
 ・気田川だより
 ・Twitter 気田川バム
 をチェックしてください。
 

 更新されていれば、
 生きています(笑)


 
 
 


🦀上流散策

十月某日。晴れ。

久しぶりに休みが
取れたので流域へ。

晴れ続きで、すっかり
清流を取り戻した気田川。

川沿いの道を行くと
サワガニや大きなヒキガエル。

鳴いている鳥は
ヤマガラやコゲラ、カケス。
冬鳥ジョウビタキが来ている。

野尻地区から郷島地区への道路が
豪雨による一部崩落で
ずっと通行止め…。
何か全然直す気配がない。

まさかあのまま放置され
廃道になったりしないよね?
と余計な?心配をしてしまう。

十月も下旬になると
鮎釣りの人もほとんど見かけない。
この日の上流部には一人もいなかった。


ただやはり舟で下るには
少しばかり水量が足りない。

でも
浅い所は舟を降り
乗ったり降りたりしながら
下れないことはない。

紅葉の頃になったら
ちょっとやってみようかな
などと思案している。


✢ ✢ ✢ ✢ ✢ ✢ ✢ ✢ ✢ ✢ ✢ ✢ 

💰️新ビジネス?

[気田川に関する情報]

最近、独自に入手した情報によると、気田川流域(主に下社からシモ)の道路脇の林に、
レンタル式キャンプサイトのようなものが、複数箇所できるらしい。

道路と川原の間の杉林や竹林の
平坦な場所が候補地となっている。

その平坦な場所を整地したうえ
レンタルに供し、好きにお使いください、というわけである。

流域の道路脇の林に、
赤やピンク色のテープが張ってあるが、そこは地権者のものだよという意味である。

今年の11月からレンタルしたい人の募集を開始する予定とか。

料金は未定だが、
月に1万円くらい?になるみたい。

レンタルにあたっては
事前に面接があり、この人なら大丈夫だ、と判断されないと貸してくれないようである。


*興味のある人は、今後
ネット等で情報を探してみてください。

*笹合橋カミの右岸にある
あの小屋とは無関係です。


*まあ、僕としては
気田川流域が どんどん俗化していくのを見るのは嫌なので
今後はさらに上流域で遊ぶことになるのかもしれない...。

もちろん、
下流にも行くけどネ😃


ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

🦋植田地区散歩

20220904102122fb2.jpg

思いがけなく、昨日から
2日間 休みができたので
また上流域を散策している。

豊岡橋の上流、左岸の
植田(うえった)地区を歩く。
昔の小学校跡や公民館、昔のお大様(おだいさま)のお屋敷など、なかなか良い雰囲気。高台からの気田川の眺めもよい。

小さく美しい滝が二つあった。

散歩中のご老人と出会い、
しばし立ち話。
森林トロッコ列車、林業の今昔、
山で儲けた人々の栄枯盛衰...。

人と出会って話を聞き、ひとときを一緒にすごすと、その土地がぐっと身近に感じられるようになる。

田んぼでは村の人が
ちらほらと稲の刈り取り。

葛の花が土手に咲き、サルスベリの花は終盤、ムクゲはまだまだ見頃。

ミンミン蝉とつくつく法師が
行く夏を惜しむ様に鳴いている。


* * * * * * * * * * *

プロフィール

ジョアキン

Author:ジョアキン
生れ 遠州地方
生年 1960

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム