fc2ブログ

雨に煙る渋い一日

20211013220822531.jpg


昨夜は久々にスプフィルへ。
夜遅くまで飲み、談笑。

そして今日は朝から
SUPダウンリバーを少しお手伝い。

雨は降ったり止んだり。
小糠雨だったり本降りだったり。

傘をさしながら
川原を逍遙すると、
いろんな色合いや形の
様々な石があって
つい見入ってしまい、
時間が経つのを忘れる。


🏄‍♀️✨ 🏄‍♂️✨ 🏄‍♀️✨ 🏄‍♀️✨ 🏄‍♂️✨ 🏄‍♀️✨ 🏄‍♀️✨


スポンサーサイト



気田川の墓標

この時期になると、流域のあちこちで
地元企業による「砂利取り」が始まる。

その際に、
川原に打ち付けられる白い目印が
まるで墓標のように見えるので
僕が勝手にそう呼んでいる。

別に砂利取りがどうのこうの
もの申すつもりは全くない。
あれも、必要なことなんだろう。


夏に起きた小川地内の崩落は
長さ30mほどもある結構大きなもので
まだまだ復旧工事中である。



流域には、
漕がないにしても
時々来ている。

ここ一週間は、
毎日のように来ている。


鮎釣り(餌釣り)が多いので
めんどくさいから
漕ぐのは止めている。


漕ぐとしても、下旬からだね。



🥕 🍅 🍆 🧅 🥬 🥕 🍅 🍆 🧅 🥬








賑やかな夏の朝🚣‍♀️

20210727152840903.jpg


未明「天竜川の別宅」を出発。
綺麗な朝焼けの中、目指すは北遠・春野。

朝方、スプフィル付近に到着。
偶然、同年のオザケンさんと再会。
やぁやぁと挨拶を交わす。
(註:スプフィル =スプリングフィールド・アウトドアクラブ)

20210727152951886.jpg


少し寝てから、
ホタル公園で顔を洗う。

ツアー準備中のスプフィルにお邪魔をし
注文してあったTシャツをもらう。

20210727153341347.jpg


昼すぎに帰宅。
夕方に、2回目のワクチン接種予定💉

たぶん明日は熱と頭痛とダルさが来る。
1回目より重いと予想される。

もしもアレでアレだったら
これが最後の更新となる。
みなさん、さようなら。
(と、なりませんように..)


🚣久しぶりに下ったのは、
漁協前~千光寺下の区間。

川の状態が良く、天気も上々。
これは、漕がずには居られない。

犬居大橋シモで、ツアー準備中の
スプフィルの面々と、再び遭遇。
珍しい場所を出発点にしていた。

川の流れは、先日の増水で
かなり変わった場所があるから
これから下る人は注意が必要だ。


キャンプ場の川原は、
家族連れなどでたいへん賑わっている。

浮き輪で流れながら
遊んでいる高校生がいた。

「水中の障害物に気をつけて。」
「はい!気をつけます!!」

素直な若者たちである。


下社前の川原の水際に
外国人らしき女性二人連れ。

「Brasileira?」(ブラジルの人?)
「Brasileiraaa!!」(そうよ!!)
「Paraiso, neh?」(ここはパラダイスだろ?)
「Paraiiisoooo!!!」(ほんと天国ね~!!)

などと言葉を交わしながら下る。
じつに賑やかな、夏の朝。

ブラジル人女性は、
体型などお構い無しに(失礼)
ビキニ等を着用するのが面白い。

日本人で、あの体型なら
まずビキニは着ないだろう。
いやそもそも水着など着ないだろう。


写真は千光寺下の川原。

2021072716052679f.jpg


202107271614054a6.jpg


(2021.7.25 日曜日)

* * * * * * *

台風、来るか?

20210625133047bac.jpeg

台風が来そう。
その前にちょっと流域へ。

空模様は、少し怪しい。

今日は犬と一緒。
せせらぎと河鹿蛙。

石のオブジェは、
気田地区の
ある少女の作らしい。

なかなかの力作。


2021062513320361e.jpeg


* * * * * * * * * * *

石のオブジェの川原
(スプリングフィールド・アウトドアクラブ前)を
後にして、「沈の川原」へ。

久しぶりにフネを作って
一年ぶり?くらいに漕いでみた。
こわしていた肩は、だいぶ治っている。
(8ヶ月ぶりだった=後日・記)

流れに入ったり
流れから出たり
淵の方へ行って鯉を見たり
岸から岸へ斜めに横切ったり
...なかなかいい運動になる。


リランが、置いてきぼりにされると思うのか、主人が目の前にいるのに、悲しい鳴き声を盛んに立てるのでうるさくてしょうがない。

子犬の頃は喜んでフネに同乗してきたのに、やはり犬種なのか、成犬してからは頑なにフネや流水を拒絶するようになった。

しかし川原は気持ちがいいと思っているらしく、あちこちクンクンやったり、まったりと寛いだりしていた。


(台風はけっきょく反れて、
熱低になったのであった。後日・記)

* * * * * * * * * * *

移し身の術

202106201921135f8.jpg

約一ヶ月ぶりに
流域に来た。

カヌーは今日は
できないので
川原の流木を投げ
流れる木片に己が身を
移して下る。


この一ヶ月
実にいろいろあって..

まあなんとか
健康を取り戻す
事ができた。

感謝。感謝。感謝。



* * * * * * * * * *



プロフィール

ジョアキン

Author:ジョアキン
生れ 遠州地方
生年 1960

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム